FXにおいてトレンドラインで何が判る?

 


トレンドラインとは、上昇相場の時は安値と安値を結んだ線で、下降相場の時は高値と高値を結んだ線のことを言います。

 

そして、上昇ラインを結んだラインはサポートラインと呼ばれていて、その逆の下降トレンドで高値を結んだラインはレジスタンスラインと呼ばれるものです。

 

サポートラインは、これ以上は価格が下がりにくい、もしくは一時的な調整でここまで下がる可能性がある、と予想されるラインです。

 

上昇トレンドでは一時的に価格が落ち込んだとしてもこの地点で反発しやすくなります。

 

そしてレジスタンスラインでは、これ以上価格が下がる可能性は低い、もしくは一時的にここまで価格が戻る余地がある、と予想されるラインです。

 

トレンドラインはある程度の期間は続きますが、いつまでも続くことはなく、持っているポジションを売ったり、ポジションを持っていなければ逆に買ったりするタイミングになります。

 

このように、トレンドラインからはFXにおいての売買ポイントを判断することが出来ます。

 

価格が上昇ラインを突き抜けたら新しいトレンドに入った証拠で、レジスタンスラインを抜いたらさらに上値を追う可能性が高くなり、その時は買いのサインです。

 

そして、逆にサポートラインを価格が割り込んだら売りの圧力が強い証拠で、しばらくは手を出さない方がいいと思います。

 

このように、トレンドラインを見ることである程度の売買のタイミングは判ってくると思うので、あなたも独自にトレンドラインを研究してみてはいかがでしょうか?

 

トレンドラインを武器にしてFXデイトレでの勝率を高めまよう。